豊島区


【豊島区後援事業】女性解放をめざした先輩たちと出会う−フェミニズムを引き継ぐために

日本婦人問題懇話会は、1962年の発足から2001年の閉会に至る約40年間、女性解放をめざす研究・討論の場として、その時々のアクチュアルな問題に取り組んできた団体であり、それぞれの時点で提起された問題や議論の経過を記録した冊子が、『日本婦人問題懇話会会報』です。この会の元会員たちと、娘世代・孫世代に当たる女性たちが、『会報』を材料にして話し合い、フェミニズムの思想と運動のバトンを渡すことを目的とした講座です。

実施日

2019年10月19日(土曜日)

実施時間

13時30分〜17時

場所

立教大学池袋キャンパス7号館7102教室
《キャンパスマップ》
https://www.rikkyo.ac.jp/campuslife/facilities/ikebukuro/

交通アクセス

JR各線・東武東上線・西武池袋線/東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線「池袋駅」下車。
西口より徒歩約7分。
《池袋キャンパスへのアクセス》
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/

内容

第1部
「婦人問題懇話会(会報)」が発信したもの
第2部
若い世代が受け取る「婦人問題懇話会(会報)」
第3部
ディスカッション「婦人問題懇話会の歴史をどう引き継ぐか?」

取り上げる会報――ミニコミ図書館で検索していただくと、ぜんぶ読めます。
読んでから参加されると、何倍も楽しめます。
https://wan.or.jp/dwan/dantai/detail/2

日本婦人問題懇話会・会報1号
日本婦人問題懇話会・会報14号
日本婦人問題懇話会・会報43号

講師

第1部:
赤松良子さん(日本ユニセフ協会会長)
樋口恵子さん(評論家・NPO高齢社会をよくする女性の会理事長)
井上輝子さん(和光大学名誉教授・山川菊栄記念会代表)
奥山妙子さん(杉並区議会議員)

第2部:
望月衣塑子さん(東京新聞記者)
柳原恵さん(日本学術振興会特別研究員-PD(立教大学))
濱田すみれさん(アジア女性資料センター事務局)
渡邊愛理さん(行政書士事務所メーヴェ代表)

第3部:
上野千鶴子さん(NPO法人WAN理事長、東京大学名誉教授)および
登壇者全員

対象

一般

定員

250名

費用

500円(資料代)

主催・後援

主催:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
共催:立教大学ジェンダーフォーラム
認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)
後援:豊島区
協力:日本婦人問題懇話会同窓会

申込み方法

メールフォームまたはファクスで申込み。
ファクスで申込む場合は下記事項をご記入下さい。
・タイトルは「ブックトーク参加申込」
・お名前
・メールアドレス(ないし連絡先電話番号)

申込み先名

認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)

申込み先ファクス

047-451-9825

申込み先Eメール

メールフォーム
https://forms.gle/18NHoDpZG5ucqxik9
(チラシの中のQRコードでも、直接申込サイトに入れます。)


お問い合わせ

総務部男女平等推進センター



豊島区役所
〒170-8422 豊島区東池袋1-18-1
電話番号:03-3981-1111(代表)


Copyright (C) Toshima City. All rights reserved.


トップページ